20日連続風俗入店記録

辞められない理由があるんですよ

風俗だけはなかなか辞められないですね(笑)辞めようとは思っているんです。本当は辞めたくないんですけど、子供も出来ましたので将来的にはどうしてもお金がかかってくるじゃないですか。風俗が高いとかって話じゃなくて、とにかく1円でも多く将来のために回したい。そんな気持ちも一応は親なのであるんですけど、ただじゃあもう風俗で遊ぶなと言われると、それはそれで困るんですよ(笑)むしろこれからお世話になるケースが増えてくるんじゃないのかなと思うんですよ。だってもう妻とは全然何もないので、性欲を発散させようって思ったら結局はもう風俗に頼るかオナニーかの二択なんです。でもオナニーでは限界があるじゃないですか。オナニーでは超えられない壁がありますので、風俗の存在がどれだけ大切なのかということに気付かされるんですよね。だからこれからも風俗を辞めるのはきっとできないと思いますので、妻にバレず、クーポンなどを併用して楽しみます(笑)

高級店?普通でいいんですよ

風俗には高級店に分類されるものもありますけど、そこでも別に気合を入れるとかではなく、いつもの自分でいいんですよ(笑)自分も以前は錯覚していました。「高級風俗店」と銘打たれている以上、例えばドレスコードでもあるんじゃないかとか、クレジットカードで会計するならせめてゴールドカードでなければならないんじゃないかとか、財布を出す時にもそれなりに視線を感じるのではとか、どうしても「高級」という言葉に引っ掛かると言うか、自分でも楽しんでよいのだろうか…という疑問はありましたけど、実際に遊んでみると特にそういったこともないと言うか、むしろ高級なのは女の子側の話であって、こっちは別に意識するような話ではないってことなんですよね。自分が遊んだ時も他の人が見えたんですけど、別にバッチリ決めたスーツとかではなく、本当に普通の格好をしていましたので、そんなに意識するようなことではないんだなってことに自分でも気付かされましたから(笑)